ブログ

ゴーレム(Golem)は非常に将来性の高いトークン| 40代のママブログ – 小説好きで多趣味【Secret Rose Garden】

Golemのトークンについて

海外の仮想通貨取引所を確認していると、本当に日本の取引所の取り扱い通貨は少ないんだな、と思わされますね。

今回は、ゴーレム(Golem)というトークンについて紹介します。
当時、800万ドル以上を集めた大型ICO案件として知られていて、プロジェクトの構想がとにかく凄いです。

簡単にゴーレムのプロジェクトを紹介すると、世界中のコンピューターを繋げて、スーパーコンピューター並の計算能力を手に入れよう、というものです。
日本国内を見渡しても、スーパーコンピューターを使って、研究したり、その計算能力を事業に利用できるのは限られた機関だけでしょう。

もし、ゴーレムが当たり前になって、スーパーコンピュータークラスの計算能力を手軽に扱えるようになれば、多くの人がその恩恵を受けることになるのではないでしょうか。
このように実現すれば、世界中にメリットを提供するプロジェクトなのですが、その難易度はかなり高いといわれているんです。

少し詳細を説明してみると、ブロックチェーンで繋がれた、世界中のコンピューターのリソースの貸し借りを行うという仕組みです。
通常、コンピューターを利用していても、その性能がフル活用されていることは珍しいです。

リソースモニターなんかを確認しても、まだまだ余力を余している状態ですよね。
そんなリソースを世界中の人たちが誰かに貸すことによって、大きな計算能力を得ようというものなんです。

実は、既存のスーパーコンピューターも単体で大きな計算能力を発揮しているわけではなく、高性能のコンピューターを何台も繋げるようにして、大きな計算能力を発揮しています。
そのため、理論的にはゴーレムのプロジェクトは十分に達成可能といえるでしょう。

また、ゴーレムが当たり前になった場合、一番影響を受けるのがクラウドコンピューティング市場だといわれています。
現在は、ほとんど独占状態なのですが、ゴーレムによって大きな価格破壊が起こるともいわれています。

関連記事

  1. 三菱UFJ信託銀行の信託保全は投資家に嬉しいニュース | 40代のママ…

  2. ステラ(Stellar)は第二のリップルとなるのだろうか?| 40代の…

  3. バイナンス(Binance)でビットコインのハードフォークを狙う? |…

  4. ビットフライヤーはセキュリティが非常に高い(^^♪ | 40代のママブ…

  5. 仮想通貨のカウンターパーティー(Counterparty)について紹介…

  6. 仮想通貨の取引所と販売所の違いは?知ってますか?? | 40代のママブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP