ブログ

サポニンで美肌効果を実感!元気な体を維持で老化防止を!

サポニンで老化防止をしよう!

人間はいつまでも若くありたいと思いますが、そういうわけにはいきませんよね。そのうちに老化が少しづつ始まってしまいます。
老化現象は、大体50代以降に始まるとの印象が強い方も多いのではないかと思います。
そのまま何も対策をしないでいれば老化は日に日に進んでしまいますし、体の調子があまり良くないなと感じる事も増えてきてしまうでしょう。

別のブログでも、サポニンについて書いていますが、50歳を過ぎた方にはサポニンを摂取する事をおススメしたいです。
サポニンは体の内側、そして外側の両方の老化を防止をするという効果が期待されていますので、出来るだけ早い段階からサポニンを定期的に摂取しておくことで元気な体を維持することが可能です。
サポニンの摂取をするにはサプリメントが一番簡単な方法です。

サポニンとはどんな成分なのか?

サポニンは植物の葉・茎・根などに含まれている苦味やえぐみなどのもととなっている成分で、大豆や高麗人参、田七人参、アマチャヅルや桔梗などに含まれています。
漢方薬で一番有名な高麗人参や、あまり聞いたことが無いかもしれませんが、田七人参などの場合は主に根っこの部分にたくさん含まれています。

大豆の場合は、煮ている時に水に消えない泡が出てきますが、あれがサポニンです。
サポニンという名前はラテン語で『石鹸』という意味がある『サポ』という言葉が使われています。
サポニンは水にも、そして油にも溶けやすく、脂質を溶かす効果や殺菌・抗菌作用などに効果が期待されるため、天然の界面活性剤としても利用されています。

特に注目されているのはコレステロール値を低下させるということや血液をさらさらにする効果、アンチエイジング効果、ホルモンバランスを整えるというさまざまな効果があります。
ちなみに同じ人参でも日本で通常売っている、オレンジ色のあの人参は高麗人参や田七人参とは全く違う種類になります。
田七人参や高麗人参は収穫できるまでの年数が長く、しかも栄養が最高の状態になるまで育てるのがとても難しいので、とても希少なものとなっているのです。
その二つを比べても、特に田七人参は市場に出回っている数は極端に少なく、天然ものとなれば尚更希少です。

アンチエイジング作用はあるのか?

サポニンの効果の中でも肥満予防・改善効果に実はアンチエイジングにとても役立ちます。
理由はと言うと、例えば大豆に含まれているサポニンには腸で吸収したブドウ糖が脂肪が結合されないようにすることで脂肪の蓄積を抑える役割がありますが、この役割があることで肥満の防止につながります。
肥満になると当たり前ですが、コレステロールも溜まりやすくなりますし、その分血流も悪くなってしまいます。
肥満によって体の調子をわるくしてしまうだけではなく、見た目も老けて見えてしまう事が多々あります。
出来るだけ若々しくいたいのであれば肥満になる事は避けたほうが良いのです。代謝アップの効果もありますのでダイエットをされている方にはとても効果的です。
大豆なら女性のホルモンであるエストロゲンと似た効果のあるイソフラボンも豊富に含まれていますから女性の場合、よりアンチエイジングに効果的だといえます。
副作用を気にする方も多いですが、大豆には赤血球の膜を壊してしまうという副作用がありますので、大豆を利用する場合はしっかりアク抜きをしてから使う事が必須です。
ただし極端に過剰に摂取しない限りは副作用などは気にする必要はありません。

まとめ

サポニンの一日の適正な摂取量は特に決められていないようですが、例えば大豆であればたんぱく質の1日の摂取量を目安にすると良いとされています。
たんぱく質の場合、およそ60gから70g程だと言われていますので、大体それくらいだと思っておいてください。
老化を防止するために効果的に摂取するためには、食後や食事中に摂取するようにするのが効果的のようです。
サポニンは糖尿病の予防や改善にも良い効果を期待する人が増えています。
また血糖値の上昇を抑制し、血糖値を下げるという役割もありますのでそれが糖尿病の改善に良いとされていますので、参考にしてみてください。

関連記事

  1. サポニン豊富な田七人参で女性ホルモンを安定させよう!

  2. アトピー性皮膚炎を悪化させる要因は皮膚のバリア機能の異常( ;∀;)

  3. サプリメントで葉酸を!特に妊婦さんにはオススメです!!(*’…

  4. 子供の頃からアトピーで、ひどく悩まされていました。

  5. 血糖値を気にしてアルコール類をあきらめる必要は?!( *´艸`)

  6. 紫外線対策をきちんと行ってシミを出来にくくしよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP