ブログ

目も老化防止必須!50歳を過ぎたらルテインを摂取する事をおススメします!

50歳を過ぎたらルテインを摂取する事をおススメします!

「お肌の曲がり角」よりは遅いらしいようですが、40歳・50歳くらいになると「目の曲がり角」がやってきます。
近くがぼやけて見えたり、疲れやすくなったり、ダルイ感じが続いたり。でも、老化だからとあきらめてはいけません。
お肌だって、自分に合ったアンチエイジングの化粧品を使うことで、若かった頃の美肌を取り戻すことが出来ますよね!目も、同じなんです!

50歳を過ぎたらルテインを摂取することをおススメします!
目の曲がり角がやってきて、症状が出てきた目の健康をもう一度取り戻す努力をしましょう。
いろいろなサプリメント商品も出ているので、食事と一緒に不足分を簡単に補う事ができます。

ルテインの摂取方法は?

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれるのをご存じでしょうか?
黄色の天然色素のため黄色やオレンジ色のものにたくさん入っているように思いがちですが、それ以外にも色々な色素が含まれているので色だけで判断することは不可能です。

ケールに最も多く、次にちりめんキャベツ・パセリやほうれん草の順番です。野菜不足の生活をしているとルテインも不足してしまいがちです。
若い時に、老化による目の状態と同じ状態が現れるのは、普段の食生活が偏っていたり、ダイエットをしすぎて野菜不足となっている可能性があります。

脂溶性のルテインは油と一緒に摂取する事をおススメします。
緑黄色野菜を炒めたり揚げたり、ドレッシング・マヨネーズなどを付けてサラダにして食べる事をおススメ。
ケールがたっぷり含まれた飲み物ということで青汁を毎日飲む習慣をつけるのは非常に効果的です。
1日6mgから10mgは取るよう推奨されていますが野菜料理のみで毎日摂取するのは大変です。料理する人は、本当に大変です。。
ケール入り青汁なら1杯飲むだけで10mg摂ることも可能ですが、青汁というとだいぶ飲みやすくなったとはいえ抵抗がある方もたくさん居ますよね。
それはちょっとという方はルテイン配合のサプリメントを摂取しましょう。毎日続けやすくきちんと栄養が取れますし、まずいと感じる事もないですよ。

ルテインの役割は?

人は太陽の光がないと生きていけないですよね?でも紫外線などの強い波長の光は老化を進めてします有害なものともえます。
目の一番奥・眼底部分に網膜があり、その目の中に入ってきた光を脳に送る電気信号に変える変換機としての役割を持っています。
つまり、ちょっと大袈裟ですが常に光のダメージにさらされていると思ってください。お肌なら日焼け止めクリームなどである程度保護できますが、網膜にまで塗ることは出来ませんよね。

そこで必要となるのが、ルテインなのです。
ルテインは網膜の保護と治療に有効な色素成分なので入ってくる光から、日焼け止めクリームのように目をガードしてくれるのです。

例え、そうやってカバーしても光の一部分が細胞の中に入って来ることはもちろんありますが、抗酸化作用ももっており内部で食い止めることが可能です。
有害な光は紫外線だけではなく、テレビやパソコン・携帯電話・ゲーム・蛍光灯などの青い光、これらを毎日見続ける生活を送っている我々現代人は、食生活の欧米化や野菜不足も伴って目に非常に悪い。

最近、目の不調を訴える方が多いのはそのためです。そんな危険な青い光もまた、ルテインを摂取することによって防いでくれます。

50歳を過ぎた目とは?
網膜の中でも特に目の奥の中心部分、何かを見て認識するのに重要な働きを持つ黄斑というところがあります。
年齢と共に徐々に変性していき機能が下がっていくのですが、ルテインが少なくて、しかも紫外線によるダメージが多い方ほど変性スピードは早くなるようです。
年をとると、水晶体というカメラのレンズのような部分の機能も衰えてきます。
厚みを変えれば、ピントを合わせるという分担/役割を持つ部分ですが、そこが硬くなりピントを合わせるのに時間がかかったり、ピントが合わなかったり。
それだけだったらなんとかなりますが、水晶体が白く濁り視力が低下し、最悪のケースは失明の危険性のある病気もあります。それは白内障と呼ばれる病気です。

水晶体にもまたルテインは存在しています。年齢と共に水晶体も基本的には白く濁っていくものですが、紫外線を浴びるとさらにそのスピードは速まるもの。
(真夏に、海に居て目がジリジリする感覚をしたことありませんか?)
紫外線から防衛する事で白くなるスピードを抑えることができ、失明までの危険性を低減してくれます。

年をとると、徐々にさまざまな部分が衰えてくるのは仕方がないことです。
ただ、紫外線などの有害な光をガードしてやり、抗酸化作用で酸化のダメージを防いでやることで、自己防衛をする事で加齢黄斑変性症や白内障などの病気の発症リスクは減少します。
また、視力低下のスピードを抑えることができるのです。

まとめ

日々、お野菜をたっぷり食べて健康的に暮らしてきたという方でも、年をとると食も細くなる事が多いですし、若いとき以上に不足してしまう栄養分はたくさんあります。

目にも日焼け止めクリームのような効果が必要なため、サプリメントや青汁なども摂取してルテインを補給してやり、目を大切にしましょう!
最近では、仕事にパソコンが必須な社会人から、家でゲームや携帯ばかりやっている子供たちまで同じような目の老化現象が現れることもあります。
ルテインは現代人の、50歳以上だけではなく、いろいろな年代の人々に不足しがちで、補わなければならない栄養素となっています。

関連記事

  1. アトピーに負けない!とにかく保湿!

  2. エクササイズすることで徐々にたるみが解消!美肌を作ろう!

  3. 表情筋を強化することでたるみを解消する作用!レッツトレーニング!

  4. オメガ3サプリの10大効果!密かに人気のあるオイル(^^)/

  5. 「まごはやさしいよ」は、若返り効果がある食材の頭文字?!

  6. アトピーの痒みとの戦い方の一つは油ものを控える?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP