ブログ

おすすめ作品 Secret rose garden 少女の軌跡 第1話

少女の軌跡 ~Secret Rose Garden

0.プロローグ
幼い頃に家が火事になり、両親を亡くした少女がいた。
彼女の名前はエマ。五歳のときよりずっと施設の中で育ってきたエマは、今年で十八歳になった。
高校を卒業した彼女は、今までずっと暮らしてきた施設も今日、卒業する。

「お世話になりました」

施設の玄関に立ったエマは、見送りに並ぶ子供たちに、そしてお世話になった施設そのものに頭を下げる。エマの見送りには、施設にいる子供たち全員が出てきてくれていた。

「お姉ちゃん、僕らのこと忘れないでよね」
「元気でね」

いつも面倒を見ていたからか、施設の子供たちは自然とエマのことを姉と呼ぶようになっていた。別れの意味を正しく理解できておらずとも、それぞれが目に涙を浮かべ、思い思いの別れの挨拶を口にする。

「ありがとね。みんなも、雄子さんに迷惑をかけすぎないように」
「はーい」

元気のいい返事をして、手を振る子供たち。いつも言われている言葉を聞いたためか、涙を浮かべる子は徐々に減り、不安そうな顔をしている子もだんだんといなくなった。事前にここを出る話をしていたからか、それとも、まだ実感が湧いていないからかなのかは、まだわからない。
子供たちが落ち着いてきた頃、少し離れた位置で様子を見守っていた女性が、ゆっくりとエマのそばへと近づいてきた。

「気をつけてね、エマ」
「はい。雄子さんも」

彼女は、この施設に預けられた子供達の母である雄子だ。肩まである黒髪を一つに結わい、優しげな眼差しを持つ雄子は母と呼ぶにふさわしく、子供たちにもとても好かれている。

「誓子さんにはもう連絡を入れてあるわ。これからは一人だけれど、あなたならきっと大丈夫」

ふわりと微笑んだ雄子の顔を見たあとすぐに、エマは暖かな温もりに包まれた。
施設にいる間、何度も包まれたことのあるこの温もり。これからはもう無くなるのだとわかると、エマは途端に寂しさを感じる。彼女は顔を一瞬だけ雄子に押し付け小さく鼻をすすったあと、バレないように急いで笑みを作った。

「……私も、雄子さんの子ですからね」
「よし……じゃあ元気に、いってらっしゃい」

鼻をすする音も、少し赤くなっている目元にも、雄子は気付いていた。だが、気丈に笑うエマにそれを指摘するなんて無粋な真似はしない。
雄子は笑顔で、エマの背中を力強く押したのだった。

――私は、誰なんだろう
施設を出て歩く道。
ぼんやりとエマの頭の中に浮かんできたのは、漠然とした疑問。

見えなくなった施設の方を振り返ったあと、エマは自分のことを何も知らないことに気づき、突然の虚無感に襲われた。

今まではずっと、施設という閉鎖的な空間の中で雄子に愛をもらい、そして子供たちに愛を捧げて暮らしてきた。だがこれからは、その空間はもうない。自分を形作っていたものから放り出されたエマは、自分を知らず、誰とも強い繋がりのない自分自身にひどく不安を感じた。

「おばあちゃん……」

踏み出していた足を止め、エマは思い出したように、財布に入れていた古い写真を取り出した。
この写真は、焼けてしまったエマの家から見つかった写真だ。見つかった当初は、雄子が警察から預かってくれていた。彼女はエマが大きくなるまで大切にこの写真を保管し、エマが中学になったと同時に、この写真を手渡してくれたのだ。

写真に写っているのは、エマの祖母。優しい笑顔で映る祖母の後ろには、たくさんのバラの花が美しく咲き乱れている。
『Je t’aime カミーユ・ベルラン』
写真の裏側には、流れるような美しい字でそう書いてある。

この写真を見ているときだけは、施設で育ち、その中しか知らないはずのエマの脳裏に、ぼんやりと浮かんでくる光景があった。たくさんのバラが咲き誇る、たくさんの色の花が咲き乱れるそんな場所で、一回り年上の男の子と自分が遊んでいる。
浮かんでくるその光景をもっと良く思い出そうとするのだが、それ以上のことは何もわからない。

「フランスに行けば、わかるのかな」

書いてある文字からしても、祖母の名前のニュアンスからしてもおそらくフランス語だろう。そう思ったエマが無意識にポツリとこぼした言葉は、誰に聞かれるでもなく、空気に溶けて消えていく。
けれどエマの心には、大きな希望を残していた。

おすすめ作品 Secret rose garden 縁 第2話

関連記事

  1. 40代女性のお酒好きダイエット中の方必見!ホームパーティにピッタリおす…

  2. おすすめ作品 Secret rose garden 小さな軌跡を探す旅…

  3. 初めまして♪( ´▽`) | 40代のママブログ – 小説…

  4. おすすめ作品 Secret rose garden 手がかりは、、、第…

  5. おすすめ作品 Secret rose garden テラス・デュフラン…

  6. おすすめ作品 Secret rose garden テラス・デュフラン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP