ブログ

血糖値を気にしてアルコール類をあきらめる必要は?!( *´艸`) | 40代のママブログ – 小説好きで多趣味【Secret Rose Garden】

アルコール類をあきらめる必要は?!

糖尿病になると、お酒はやめないといけないと気を落とす方は、たくさんいると思います。
確かに糖尿病になると、食事や運動と同様に注意が必要なのはお酒のようです。
しかし社会生活では、お酒を進められる場面も多々あり、お酒を我慢しすぎてストレスになっても困りますよね。
上手なお酒との付き合いかたが出来るといいな~と思いいろいろ調べてみました。

ビールやワインなどの、アルコール類には胃液分泌作用があるので食欲が増します。
ついついおつまみなど食べ過ぎてしまって、カロリーを摂り過ぎてしまう事が多いですよね。
お酒には味付けのしっかりしたおつまみを選んでしまう事が多いですが、塩分の摂り過ぎは血圧上昇を招いてしまうので、要注意です。高血圧は、糖尿病にも悪影響を与えてしまいますからね。

しかし、調べた結果アルコール類は血糖値を上げないとありました。血糖値やヘモグロビンA1cが高いからといって、アルコールを飲んではいけないという事ではないようです。アルコールは確かに高カロリーですが、エンプティ・カロリー(英語で)といって、訳すると空っぽのカロリーという意味なのですが、体内に入るとすぐに燃焼され蓄積されないものらしいです。

血糖値を上げる栄養成分は糖質のみで、アルコール類そのものを飲んでも血糖値が上がることはないようです。
カクテルや、フルーツ果汁など甘味が加えられたものは、糖質が入っているのでダメのようですが、加味されていないアルコール類なら、血糖値が上がることはないので大丈夫のようです。

最近は、糖質ゼロというビール風味のアルコール類がたくさんありますので糖質やカロリーが気になる方は、「糖質ゼロ」「カロリーオフ」などのアルコール飲料を選んで飲む事をオススメします。でも、今ちょうど手元にある(笑)糖質ゼロといってもカロリーはゼロではないみたいですね。糖質ゼロだから大丈夫と、安心して飲み過ぎないように気をつけましょうね。

血糖値に直接作用する成分に『糖質』がありますが、その糖質は肝臓がアルコールを分解するために糖を使用するので、血糖値は上がるどころか、逆に下がるという現象がみられるようです。調べてみてびっくりしました。

逆に、寝ている間に肝臓が血糖を作るのですが、新生の血糖もアルコール分解のためにつかっているらしく、アルコールを飲んで寝ると、朝の血糖値がいつもより低いんですって。( ゚Д゚)

カロリーはOK!だけど、糖質は控えてといわれている場合、アルコールは糖質を含まない焼酎やブランデー、ウォッカなどです。そして、飲んだあとに血糖値が上がらない赤ワインなどが上げられるようで、肝臓がアルコールを分解するために糖を使う事を考えると、ビールや日本酒でも構わないと言われているようです。

お酒の種類
アルコールとはお酒の主成分のことで、アルコールその物には「糖尿病」の症状に直接影響する糖質は含まれていないみたいです。アルコールに色々と手を加えた物がお酒で、お酒は製造方法や添加物などによって大きく3種類に分けることができるようです。

1.混成酒
【製造方法】→醸造酒と蒸留酒に、果実や糖分を追加している。
混成酒
・みりん
・梅酒
・各リキュール
混成酒は含まれる成分が糖尿病への影響が大きいようです。
混成酒には、糖分その物が多く追加されており果実や香料が入っているので、アルコールのニオイがあまりなく、飲みやすく感じる人も多くいるので、ついついたくさん飲んでしまうお酒です。

2.醸造酒
【製造方法】→酵母を使って果物や穀物を、アルコール発酵させている。
醸造酒と原料
・ビール(大麦)
・ワイン(ブドウ)
・日本酒(白米)
・紹興酒(もち米)
米やブドウなど原料に糖質が含まれているため、お酒としての糖質もモチロン高くなります。たくさん醸造酒を飲むと、アルコール量だけではなく、多くの糖質も摂取することになります。

3.蒸留酒
【製造方法】→アルコール発酵して作られた醸造酒を、さらにもっと蒸留する。
蒸留酒と元となる醸造酒
・ウイスキー(ホップが入っていないビールを蒸留)
・ブランデー(ワインを蒸留)
・米焼酎(日本酒を蒸留)
醸造酒を加熱し、発生した蒸気を冷やしてもう一度液体にした物が蒸留酒です。一度蒸気にしているため、醸造酒の原料に含まれていた糖質は蒸留酒には含まれないようです。でも、醸造酒に比べてアルコール度数が高い。
蒸留酒は他に、ウォッカ・泡盛・ラム・ジン・テキーラなどですね。

糖尿病のお酒の飲み方の注意点
糖尿病の方でもお酒は飲めない事もなく、注意点がありますのできちんと守って飲むようにしないとダメです!

・合併症をおこしていないか?
・重い高血圧や動脈硬化の症状はないか?
・血糖コントロールの安定は?
・肥満ではなく、体重管理が正しくできる?
・お酒の量を管理できる自制心を持っているか?

食事を取らずにアルコールを摂取することはさけて下さい。
自分自身の状態を管理できる方なら、基本的にお酒を飲んではいけないということはないようです。
ですが、糖尿病に対して悪影響を与えるとダメですので、お酒の糖質やアルコールのカロリーなどをしっかり把握し、ただ単にお酒の量を減らすだけではなく、食事の内容や運動などバランスの取れた生活管理が正しくできる場合だけ。
その場合は、お酒を飲んでもいいと考える方がいいのではないか?と思います。

※最後に私は、医者でも医療関係者でもありません。
医学的根拠があると言っている訳ではなく、あくまでも自分で調べた結果を元にブログにアップしておりますので根拠を求める方等のコメントはお断りさせていただきます。あくまでも、1個人の見解として参考程度にしていただけたらと思います。

関連記事

  1. 目も老化防止必須!40歳を過ぎたらルテインを摂取する事をおススメします…

  2. 白髪の予防や進行を遅らせ黒髪へ復活させよう! | 40代のママブログ …

  3. 目の下のたるみの原因を突き止める!涙袋にたるみは禁物!! | 40代の…

  4. 生理前や生理中の食欲旺盛を改善する方法!食欲の抑え方!

  5. アトピー性皮膚炎を悪化させる要因は皮膚のバリア機能の異常( ;∀;) …

  6. エクササイズすることで徐々にたるみが解消!美肌を作ろう! | 40代の…

コメント

    • リリアン
    • 2018年 5月 05日

    ローズガーデンさんへ

    こんにちは。
    自己紹介文にバーテンダーの経験を書かれていたので、お酒について、いつかお聞きしたいなと思っていたのです!

    若い頃は、周りの人から強いねと言われていましたが、最近はわずか1缶で飲んでいる最中からアルコールが回り始めた事を実感します。2本目はやめておこうかなぁと思うくらい、飲めなくなりました…。
    やはりお酒は、年齢が上がるとともに飲めなくなるものなのですね…。

    ちなみに、若い頃はビールや甘いお酒ばかり飲んでいましたが、初めて久○田を飲んでから、日本酒も私は好きなのだと知りました。
    最近では発泡性日本酒がお気に入りです。その中でも特にみ○は大好きです♪
    ただ、私はとても太っているので、ローズガーデンさんの挙げられた注意点にはドキッとしました。
    選ぶお酒の種類が糖分の多いものに偏りがちだし、体重管理が全然出来ていない(ーー;)
    今後気を付けてお酒を飲みたいと思います。

    ちなみに、私はワインを飲むと頭が痛くなります。
    体質とお酒なのか、他のお酒との飲み合わせなのか、相性が合う合わないがあるようです…。

    美容と健康の為に、浮腫みや頭痛などを起こさない上手な健康的な飲み方をしなくては、と思いました。
    関心のあるお題でした、ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP