40代女性のダイエット中や健康を気にしながら飲むお酒

趣味なし40代へ提案!日本酒の奥深さを知って趣味にしよう!~甘口編~

趣味なし40代へ提案!日本酒の奥深さを知って趣味にしよう!~甘口編~

40代は働き盛り!しかし中には、無趣味でストレスの発散ができないと嘆いている方も多いようです。ぜひ美容と健康にも良い日本酒を学んで、趣味や知識にしてみてはどうでしょうか?

今回は、甘口の日本酒についてクローズアップしてみました。

日本酒の造り方のおさらい

何気なく飲んでいる日本酒ですが、世界的に見ても、とても複雑な醸造方法といわれています。これは、杜氏の豊富な知識と経験によってこそ!

しかしその反面、米・水・米麹といった、シンプルな原料で造られているから驚きです。また、麹など微生物の働きを利用して造られるのも、大きな特徴といえます。「一麹(いちこうじ)、ニ酛(にもと)、三造り(さんつくり)」という言葉を聞いたことはありませんか?これは、日本酒を造る過程の重要さを表しています。一に良い麹を造り、二に、もと(酒母)で雑菌を押さえつつ良質な酵母を培養し、三に、もろみを仕込んでいくことを示しているそうです。

大昔、偶然出来上がったといわれる日本酒ですが、まずは日本酒を造る工程をおさらいしておきましょう。

精米

米のまわりの玄米の状態を白く磨いていきます。食用は90%ほど磨きますが、お酒用はもっと低く磨きます。この磨きで、吟醸酒や大吟醸酒など名称が変わっていきます。

洗米・浸漬(しんせき)

お米を蒸す前に洗う行程と、お米に水分を吸わせる工程です。これはお米を炊くのと同じといって良いですね。

蒸米(じょうまい)

米を蒸す工程です。一般的に、1時間ほど蒸すとされています。蒸し終えた米は、混ぜながら広げて冷まします。

麹造り

蒸した米に麹菌をふりかけて、高温多湿に保たれた室内に2昼夜ほど、置いておきます。

酒母造り(しゅぼづくり)

酒母とは、アルコールを生み出す酵母のことです。母という文字にぴったりの言葉ですね。蒸した米に麹と水を合わせ、酒母を加えて、2週間ほどかけて増やしていきます。

もろみ造り

お酒を大きなタンクにいれ、米・麹・水を3回に分けて、混ぜ合わせます。こうすることで、麹菌が米のデンプンを糖化させ、酒母により、アルコールへと変化させていきます。つまり、「発酵」ということです。ちなみに発酵中の液体のことを、もろみといいます。

搾り・ろ過

出来上がったもろみを絞って、酒と酒粕に分けます。また、雑味を取り除くために、濾過も行います。

火入れ・貯蔵

濾過したお酒を低温加熱殺菌します。これを火入れと呼び、味の変化や酒質を安定させる事ができます。また、旨味や甘味が増し、熟成されていきます。

日本酒の甘口と辛口の造り方の違いはあるの?

日本酒の甘口といえば、女性や日本酒初心者に人気の味ですが、原料によって変わるわけではありません。先程説明した、6の行程のもろみ造りに秘密があります。通常、米と麹を3回に分けて仕込みますが、さらに1度多く米を仕込み、米の甘味を醸し出します。こうすることで、酵素で溶解され、ブドウ糖を増やしてくれるのです。

ちなみに「四段仕込み」と名付けられています。

覚えておくと便利!甘口の日本酒の見分け

●日本酒の甘口・辛口は「糖」の量によって決まる

甘口の日本酒を造るには、糖を多くする必要があります。糖の量を調節するには、酵母の働きをコントロールしなくてはなりません。酵母の働きを弱めることで、糖分が強くなり、アルコール分が少なくなります。もちろん、酵母の働きが悪いからといって、質の悪いお酒というわけではありません。

●糖の量の調べ方

糖の量は、日本酒度計を使って計ります。浮き輪のように浮かべるだけで計測できます。糖は水より重く、アルコールは水より軽いです。先程も説明しましたが、甘口の日本酒はアルコールが少なくなるので、日本酒度計がマイナスを示します。この表記は日本酒のラベルに記載されています。

詳しくは、下記を参考にしてみてください。

ふつう ー1.4~+1.4

やや甘口 ー1.5~ー3.4

甘口 ー3.5~ー5.9

大甘口 ー6.0以上

ちなみに、日本酒度の平均は、マイナス3〜プラス3といわれています。

●「酸度」は甘味に変化をもたらす

糖の部分だけで甘口と判断するのはちょっと待ってください!なぜなら、日本酒の中には、乳酸・クエン酸・リンゴ酸などの「酸」が入っているものもあります。酸の数値を高くすることでキレのある芳醇な味わいになり、低ければ淡麗になります。

ですから、酸が多いということは、甘口とも言いがたくなってしまうのです。しっかりとした甘口を手に入れたいなら、酸度もチェックすることをおすすめします。

ちなみに、酸度の平均値は1.3~1.5といわれています。

おすすめの甘口の日本酒5選

それでは甘口・極甘口といった日本酒をご紹介します。

●大関 極上の甘口 720ml [兵庫県/甘口]

米をたっぷりと仕込み、甘さを引き出しています。甘口だけでなく程よい酸味があるため、とても飲みやすい仕上がりとなっています。

●男山 復古酒 720ml

北海道の厳しい寒さの中で造られた日本酒。しかも、元禄時代の仕込みを再現して造られた、超甘口の日本酒です。

●寺田本家 菩提もと仕込み 醍醐のしずく 720ml (要冷蔵)

割り水、ろ過は一切行わず、一仕込みごとに瓶詰めしています。また、仕込み時期によって味が異なり、味わい方も広がります。酸度が高いので、甘酸っぱいお酒といった感じです。

●菊水の四段仕込 1800ml

四段仕込みで造られていて、さらりと上品な味わいの淡麗甘口です。やわらかな甘みは、多くの方に受け入れられるはず!甘辛い料理とも相性も抜群ですよ!

●一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口 1800ml [宮城県]

一ノ蔵といえば、スパークリング日本酒の「すず音」が人気ですが、こちらもとってもおすすめ。食中酒にぴったりで、熱燗にして鍋のお供にいかがでしょう?

まとめ

日本酒はとっても奥深いお酒です。世界的にもブームとなっている今、趣味のひとつにしてみて損はないと思います。宴会の席の話の種にしたり、自分だけの美味しい日本酒を見つけたり、良い事間違いなしですよ!

関連記事

  1. ママともとのホームパーティは珍しい料理で差をつけよう!焼酎を使った料理…

  2. お酒で顔が赤くなる日、ならない日。その差って何?

  3. 自分へのご褒美!40代女性を癒す薔薇のお酒を楽しもう!

  4. 40代女性にピッタリの梅酒をプレゼント!1日1杯のご褒美でオシャレで美…

  5. パーティでも、女子会でも!赤ワインを使った料理レシピで男性にも女性にも…

  6. 40代女性もっとオシャレに日本酒を楽しみたい方は、アロマを取り入れては…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP