ブログ

日本酒のことをもっと知りたいという人のために、さまざまな資格が存在しているのを知っていますか?

日本酒のことをもっと知りたいという人のために、さまざまな資格が存在しているのを知っていますか?

資格取得が趣味という40代女性も多くいらっしゃる時代、お酒の資格を一つくらい持っていてもいいですよね。さらに、その資格を活かせる場所があったらさらに素敵ですよね。

今回は、特別な資格や経験がなくても取得可能な日本酒の資格の内容や取得方法、また、活躍の場をご紹介します。

日本酒好きなら知っておきたい資格の種類

「唎酒師」

中でももっとも有名なのが、ワインでいうソムリエにあたる「唎酒師(ききさけし)」。

「唎酒師」は、飲む人の好みに合わせてぴったりの日本酒と、その楽しみ方を提供することを目的とした、日本酒のプロフェッショナルに与えられる資格です。

学ぶ内容は日本酒の原料から製造方法、歴史、テイスティング法から、セールスプロモーションまで多岐にわたり、知識だけでなく、味や香りを把握するテイスティング力も必要となります。

このため飲食業や飲料小売店など一般の人に酒を提供するサービスに従事する人などが多く受験しているのが特徴です。

取得には通信コース、通学コースなどがあり、20歳以上であれば誰でも受験することができます。こちらの資格を主催しているのは、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)で、様々なお酒の認定資格を設けています。

この資格はかなり広い範囲の勉強をしますので、日本酒の歴史講座や日本酒を楽しむ会の講師、また、就職などにも有利な資格と言えます。

日本酒検定

日本酒検定はテイスティングはなく、日本酒の様々な雑学についての知識が問われます。
例えば、こんな問題です。
・「一升瓶」が誕生したのはいつ? 1)明治時代  2)大正時代
・日本酒の消費量は昭和49年を境に減り続けている。〇か×か

10級から1級まで存在し、4級まではネットで無料で受けることが可能です。3級以上は受験料がかかり会場受験となります。20歳以上であれば、職業、学歴、性別を問わず、どなたでも受験できます。唎酒師といった他の資格をお持ちの方は飛び級受験も可能です。

雑学の資格ですので、最近流行りの雑学クイズなどで、市や町のイベントをはじめとした各種イベントで活躍できます。年配の方を対象にいた集まりなどでも人気が出そうです。さらに、飲み会ではもちろん注目も的ですね。

酒匠

酒匠とは日本酒・焼酎のテイスティング専門家の資格です。

主にテイスティング分野に特化し、原料・製法別テイスティング、タイプ別比較テイスティングなどの専門カリキュラムを通じて、プロのテイスターとしての能力を身につけます。試験では実際に数十種類の酒をテイスティングし、味わいを比較していきます。まさに卓越したテイスティング能力が問われる資格ですね。

受験資格は以下の3点のいずれかを満たすことが前提条件です。
1) FBO認定会員在籍通年年数が3年以上である
2) SSIが主催する「蔵元体験実習」に1回以上参加したことがある者
3) 所定のレポートを提出した者
「酒類1商品をテイスティングし、その香味・個性を評価せよ」テーマでレポートを提出する。
以上の前提条件をクリアした方は、あとは職務経歴書を提出すれば受験できます。

資格保有者は世界中には236名(※2012年12月末時点)と唎酒師に比べると約100分の1の数です。宇宙飛行士でも528人(※2011年6月時点)なので、その半分以下しかいないようです。ですが、資格保持者はお酒のアドバイザーとしてお店と直接契約している酒匠の方も多くいますし、ご自分でネットで日本酒の定期購入サイトを立ち上げた方もいます。活躍の場は、まだまだ広がりそうです。

日本酒学講師

日本酒学講師は日本酒・焼酎の魅力を消費者に伝えるインストラクターとして活躍するための資格です。

具体的には消費者を対象としたセミナーなどで資格取得者自身が講師を務めることができます。消費者に対する日本酒、焼酎の魅力の伝え方、さらには模擬セミナーを通じた講義実践能力をオリジナルカリキュラムにより総合的に身に付けることができます。

酒匠と同様の条件で受験することができます。

この資格は上記でも触れたSSIの認定資格です。

資格を取得するとSSI認定の消費者対象資格「日本酒ナビゲーター」「焼酎ナビゲーター」の認定セミナーを開催できます。通常の修了書とは違い、長年の実績のあるSSIの資格認定セミナーの開催は、セミナーの付加価値を高めます。さらに、日本酒学講師の認定者には、当会に寄せられる様々な講師依頼に関する情報が提供されます。また、飲食店や酒販店に従事される方の中では、スタッフ教育への活用や、アイドルタイム等を有効に生かしたセミナーを開催し、顧客満足度向上や、新規顧客獲得などにも活用されています。お仕事として成り立たせることも可能になってきますね。

最後に

資格の種類によって活躍の場は変わるものの、日本酒の素晴らしさや美味しさの普及に携われるなんて、やっぱり素敵ですよね。

この資格一つで、一主婦だった、趣味もなかった、なんとなくくすぶっていた自分が…そんな40代女性の人生が変わるかもしれませんよ。

※日本ブログ村 いろいろなお酒カテゴリーで1位を目指してます!応援してください。

にほんブログ村 酒ブログ いろいろなお酒へ

にほんブログ村

関連記事

  1. 40代のビール好き女性集まれ!ビールの種類とうんちく教えます

  2. オススメの一人遊びビールカクテルを作ろう!

  3. 40代女性もっとセレブのように女子会を楽しみたいあなたに。アロマを取り…

  4. 甘いワインがお好きな方におすすめ!「貴腐ワイン」をお試しあれ。

  5. 趣味なし40代女性へ!カクテル作りを趣味にしてみては?

  6. 40代女性のお酒好きダイエット中の方必見!梅酒にピッタリおすすめ低カロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP