40代女性のダイエット中や健康を気にしながら飲むお酒

ウィスキーベースとブランデーベースのカクテルでオシャレ度NO1カクテルを作ろう!

ウィスキーベースとブランデーベースのカクテルでオシャレ度NO1カクテルを作ろう!

ウィスキーの個性や特徴

たくさんの種類があるウィスキーですが、世界5大ウィスキーといえばスコッチウィスキー、アイリッシュウィスキー、アメリカンウィスキー、カナディアンウィスキー、ジャパニーズウィスキーです。

ウィスキーは、カクテルベースになるほかのスピリッツに比べて、製品ごとの個性がはっきりしているので、選ぶ銘柄によってカクテルの仕上がりに格段の差が生まれます。
カクテルによっては、銘柄が限定されているものもありますし、ベースになるウィスキーが変わると、カクテルの名前が変わるものもあります。

ウィスキーベースのカクテルを上手に作るには、ベースに使うウィスキーの個性や特徴を理解しておくといいですよ。
とはいっても、プロになるわけではないのですから、数えきれないほどあるウィスキー全ての味を覚える必要はありません。5大ウィスキーの特徴を大まかに理解しておけば大丈夫です。

スコッチウィスキーの個性や特徴

スコッチウィスキーは、イギリスのスコットランドで作られるウィスキーの総称です。

日本のウィスキーのお手本になったのもスコッチウィスキーで、最大の魅力はスモーキーフレーバーです。
スコッチウィスキーは製法によって、モルトウィスキー、グレーンウィスキー、ブレンディッドウィスキーの3種類に分けられます。

アイリッシュ・アメリカン・カナディアンウィスキーの個性や特徴

アイリッシュウィスキーは、アイルランドで作られるウィスキーで、スコッチウィスキーよりやや軽い印象です。

アメリカンウィスキーの代表は、原料にトウモロコシを51%以上使い、焼いたホワイトオークの樽で2年以上熟成させて独特の風味をつけたバーボンです。

カナディアンウィスキーは、癖がなくライトな口当たりで、ほかの素材の邪魔をしないのでカクテルベースにはよく使われます。
ジャパニーズウィスキーは、スコッチウィスキーと似た仕上がりですが、日本人の好みに合わせてスモーキーフレーバーは控えめで、よりマイルドな飲み心地になっています。

オーソドックスなウィスキーベースのカクテルの中には、スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズのうち、どの種類のウィスキーを使うのかを指定しているものもあります。
ベースになるウィスキーの種類によってカクテルの名前が変わるものもあります。でも、お家で楽しむカクテルなら、ベースになるウィスキーは好みのものを使って、オリジナルとの味の違いを楽しむのも一興です。

大人の男性から、スイーツ女子まで!ウィスキーベースのカクテルを作ろう!

ウィスキーベースのカクテルで真っ先に名前が挙がるのがマンハッタン。ウィスキーにスイートベルモット、アロマティックビターズを加え、レモンピールを絞ります。
人気のあるカクテルなだけにバリエーションも豊富で、なかでも有名なのは、スイートベルモットをドライベルモットに変えたドライマンハッタンです。
ウィスキーの種類によっても味わいが変わるので、レシピは数えきれません。ライウィスキーが合うとされているので、カナディアンウィスキーを使うのが主流です。

ウィスキーベースのカクテルは辛口でアルコール度数が高いものが多いので、アペリティフに向いています。140年以上の歴史と伝統を誇るケンタッキーダービー(世界的なホースレース)のオフィシャルカクテル、ミントジュレップもウィスキーベースです。

冷蔵庫で冷やしておいたコリンズグラスにミントの葉を入れてホワイトミントリキュール10mlを加え、バースプーンで潰します。
クラッシュドアイスをいっぱいまで詰めて、冷凍庫でよく冷やしたウィスキーを注ぎます。もとは白ワインがベースでしたが、バーボンベースになって世界中に広がりました。
ギンギンに冷えたグラスにミントの爽やかさとたっぷりのクラッシュドアイス、暑さしのぎに喜ばれるカクテルです。

ウィスキーをコーラで割ってレモンスライスを加えたコークハイ、ジンジャエールで割ってレモンジュースを加えたマミーテーラーも飲みやすいです。

アイリッシュコーヒーはホットカクテルの名品ですが、アイスにしても美味しいです。名前の通り、アイリッシュウィスキーを使うのが本当ですが、ジャパニーズウィスキーでも大丈夫です。
コーヒーリキュールのカルーアを加えると、甘味とコクが出ます。バニラアイスをフロートしたり、コーヒーゼリーを加えたりしてデザートカクテルにもできます。

見た目で勝負!オリジナルウィスキーベースのカクテルを作ろう!

近頃人気のハイボール。シーンを選ばないオールデイタイプのカクテルです。
ウィスキーを炭酸水で割って、レモンの酸味を加えるのが基本ですが、ウィスキーと炭酸水の割合でアルコールの強さを自在に加減できるので、お酒に強くない女性でも飲みやすいです。
カルピスの原液を加えた、カルピスハイボールも甘くて美味しいですよ。カルピスもいろいろな味がありますから、試してみてください。

お好みのフルーツシロップを加えて甘味をつけても飲みやすく、バリエーションも広がります。フルーツシロップは市販品もありますが、旬のフルーツで手作りすることもできます。
要領は酵素ジュースと同じです。レモンやオレンジは皮を剥いて白い綿もできるだけ取り除き、輪切りにします。リンゴは芯を取って皮付きのまま、ザクロは赤い実だけを使います。

きれいに洗って水気を拭いたフルーツを、清潔な保存瓶に入れ、フルーツの重量の1割強の砂糖を加えて1週間から10日ほど、時々ゆすりながら涼しい場所に置いておくと、砂糖が溶けて水分が上がってきます。
その後冷蔵庫に入れておけば3か月ほど持ちます。瓶に入れるときは、砂糖、フルーツ、砂糖と、層になるように入れていき、一番上は砂糖にします。

出来上がったシロップをウィスキーと炭酸水に加えて軽くステアすれば、簡単に自家製オリジナルカクテルを作ることもがきます。
フルーツシロップを漬けている瓶はカラフルで、そのままインテリアにもなります。何種類か並んでいると可愛いですね。
シロップが出来上がったころにお友達を招いてカクテルパーティを開くのもいいですね。お酒の飲めない人や子どもも、炭酸水で割ってソフトドリンクにすれば同じように楽しめます。

いろんな世代受けする!ブランデーベースのカクテルを作ろう!

カクテルを語るうえで避けて通れない名作、サイドカー。第一次大戦中にパリで考案されたといわれています。すべてのシェイクスタイルカクテルの基本で、ブランデーとホワイトキュラソー、レモンジュースを2:1:1の割合でシェイクします。

ブランデーをジンに変えるとホワイトレディ、ウォッカならバラライカ、ラムにするとXYZになります。
ホワイトキュラソーはオレンジのリキュール。有名なのはコアントローです。コーヒーや紅茶にほんの少し加えてナイトキャップにすることもあります。応用範囲が広く、何にでもよく合うリキュールなので、持っておいて損はないですよ。

フォションのアップルティにミントの葉を加え、よく冷やしたものに、アップルブランデーのカルバドスとコアントロー、もしくはシロップを好みで加えると、食事にもよく合うカクテルになります。
ホットにすると、秋の夜長、愛読書のページを繰りながらゆったりと時を過ごすときにもぴったりです。

※日本ブログ村 いろいろなお酒カテゴリーで1位を目指してます!応援してください。

にほんブログ村 酒ブログ いろいろなお酒へ

にほんブログ村

関連記事

  1. 40代女性はダイエットや健康を気にしながらビールを飲もう!おすすめビー…

  2. カンパリからキュラソーまで!リキュールのカクテルで40代女性のリフレッ…

  3. 40代女性 もっと素敵にシャンパンを楽しみたいあなたに。 アロマを取り…

  4. 11月22日はいい夫婦の日。40代夫婦のオトナな過ごし方をご提案

  5. 40代女性が注目してほしい甘酒を使った料理

  6. 40代のお酒好きダイエット中の方必見!焼酎にピッタリおすすめ低カロリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP