40代女性のダイエット中や健康を気にしながら飲むお酒

11月15日はボジョレー・ヌーボー解禁!飲まなきゃ損する理由をご紹介

1115日はボジョレー・ヌーボー解禁!飲まなきゃ損する理由をご紹介

11月といえば、ボジョレー・ヌーボーの季節ですね。皆さんは毎年飲んでいますか?ボジョレー解禁日の午前0時を過ぎた瞬間から楽しめるという特別感もあり、例年話題となっています。
2018年の解禁日は11月15日です。あまりワインに興味が無く、まだ未体験の方、今年こそボジョレー・ヌーボを味わってみませんか?

飲まなきゃ損するボジョレー・ヌーボーについてのおさらい

まずはボジョレー・ヌーボーについて、大まかにおさらいしておきましょう。

ボジョレー・ヌーボーとは?なぜ解禁日は11月の第三木曜日なの?

ボジョレー・ヌーボーと名乗れるワインには実は決まりがあります。フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区で作られる新酒(ヌーボー)の事をいいます。元々は、その年に収穫したブドウの出来を確認するため、またボジョレー地区のブドウの収穫を祝う為に作られていました。そういったことから、ボジョレー・ヌーボーは1800年代からデイリーワインとして地元住民を中心に楽しまれていたそうです。日本でいう「地酒」と同じ分類になるかと思います。

しかし次第にボジョレー・ヌーボーの人気が広まり、味にばらつきが出始めるようになります。中には儲ける為に仕上がっていないもの販売する業者までいたとか。その現状に危機感を抱いたフランス政府は、1967年公式に11月15日を解禁日と決め、それ以前の販売を禁止とする事を発表しました。

その後、パリのレストランなどを中心に大きなブームとなったそうです。(ちなみに、1951年に最初の解禁日が定められたのですが、様々な理由から15年間解禁日が代わり、中途半端な状態だったようです)

そして1970年代には、道路状況や遠方への輸送が発達し、日本を含め、世界中に広がっていきました。ちなみに日本では、バブル期の1980年後半にブーム到来しました。

ボジョレー・ヌーボーの醸造方法と味わい

ボジョレー・ヌーボーは「マセラシオン・カルボニック法」(炭酸ガス浸潤法)で醸造されます。
一般的なワインは収穫したブドウを破砕してから発酵しますが、ボジョレー・ヌーボーの場合は破砕せず、そのまま大きなステンレスタンクに上から入れていきます。すると、ブドウの重みで果汁が流れ出て、自然と発酵が始まります。

また、ボジョレー・ヌーボーの味わいですが、渋みの元となるタンニンが少ないブドウのガメイ種を使用しているため、飲みやすくフレッシュに仕上がります。そのため、ワイン初心者にも美味しく頂けます。しかしその反面、重い一般的な赤ワインが好みの方にとっては物足りないと感じるようです。

ボジョレー・ヌーボーにも種類がある

「ボジョレー・ヌーボー」と「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー」の2種類に大きく分類されます。ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーは、特定の村で作られたものにしか名乗ることが出来ません。

また、原料のブドウの木が古い場合、ラベルに「VV」(ヴィエィユ・ヴィーニュ)という文字が表記されます。古い木のブドウを使用しているという事を示しており、若い木のブドウと比べて深みが増すワインに出来上がるといわれています。
「ボジョレーは軽いから苦手!」と思っている方は、こういった種類をお試ししてはどうでしょう?

飲まなきゃ損するおすすめのボジョレー・ヌーボー5

すでに沢山のボジョレー・ヌーボーの予約が開始されています。その中から、今回は5点ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【世界中で愛される定番ボジョレー ヌーヴォー】 ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2018 750ml [フランス//ライトボディ/750ml]

ボジョレー・ヌーボーを広めた第一人者が手掛けた1本。世界中で愛されており、バランスのとれた味わいが楽しめます。また、ラベルの華やかさは女子ウケ間違い無し!女子会にいかがでしょう?

BIO栽培のぶどうからのみでつくる珍しいプレミアム・ヌーボー】ラブレ・ロワ ボージョレ・ヌーボーBIO by ファビアン・ロマニー 2018 750ml【ボージョレヌーボー2018

手間暇かけて作られるブドウはBIO栽培のものだけ使用しており、雑味の無い、個性的なボジョレーに仕上がっています。ライトボディなので、飲みやすい口当たりとなっています。

マルセル・ラピエール ボジョレー・ヌーヴォー 2018 フランス 赤ワイン 750 ml

自然派のワインを作ることで有名な造り手が丁寧に醸造したワイン。イチゴジャムのような香りと、しっかりと感じる旨味が口の中に広がっていきます。

[Dominique Laurent] ドミニク・ローラン、ボジョレ・ヴィラージュ ヌーボー 2018 キュヴェ・スペシャル () 750ml/1本木箱入り

特定の村で作られたものしか名乗れないボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー。しかも2003年から造られている日本だけの限定品で、深みのある味わいです。箱入りなので、プレゼントとしてもおすすめです。

ジル・ド・ラモア ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーゴールド” 750ml 【ボジョレーヌーボー2018

こちらもボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーで、ゴールドのボトルが目を惹きます。パーティーなど、華やかな場にぴったりの1本です。上品な舌触りや熟した果物の香りが癖になります。

よりボジョレー・ヌーボーを美味しく味わう工夫

ここでちょっと豆知識をご紹介します。少しの工夫で、もっと美味しくボジョレー・ヌーボーを楽しめることができますよ。

ボジョレー・ヌーボーは軽く冷やして飲む
赤ワインといえば、冷やすことで渋みが強調され、飲みにくくなると言われています。しかし、ボジョレー・ヌーボーはタンニンが少ないブドウを使っているため、問題ありません。飲む1時間ほど前に冷蔵庫に入れて頂きましょう。

おつまみはあっさりしたものが合う
赤ワインはお肉などと相性が良いですが、ボジョレー・ヌーボーは白ワイン寄りのおつまみがおすすめ!白身魚や癖の少ないチーズ、また意外ですが、和食も相性抜群です。

ボジョレー・ヌーボーは寝かさずに早めに飲みきる

ボジョレー・ヌーボーは長期間寝かせても美味しくなるものではありません。フレッシュさを味わう為にも、早めに飲みきりましょう。
もし好みの味でなく残ってしまいそうなら、料理に使用すると良いですよ。

最後に

一時のブームからすると輸入量は半分ほどまで落ち込みましたが、それでも日本のボジョレー・ヌーボー消費量は圧倒的にトップなんだそう!日本人の「初物好き」がよく分かりますね。

今しか飲めない特別なお酒、ボジョレー・ヌーボー。ぜひ大切な方とじっくりと味わってみてください。

関連記事

  1. 40代女性はダイエットや健康を気にしながらビールを飲もう!おすすめビー…

  2. 40代夫婦二人でたまには晩酌を!日本酒を使った料理レシピをご紹介

  3. 40代女性が注目してほしい甘酒を使った料理

  4. 40代女性にピッタリのビールをプレゼント!オシャレで綺麗な色の人気のお…

  5. パーティでも、女子会でも!赤ワインを使った料理レシピで男性にも女性にも…

  6. 40代のお酒好きダイエット中の方必見!焼酎にピッタリおすすめ低カロリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP