ブログ

お酒で顔が赤くなる日、ならない日。その差って何?

お酒で顔が赤くなる日、ならない日。その差って何⁉

お酒を飲んだ象徴と言えば「赤く染まった頬」。
そう言うと可愛らしく聞こえるけど、人によっては顔全体が赤くなったり、いかにも“お酒飲みました”っていう程真っ赤になる人もいます。

体質的にそうなる人がいるのはよく知られているけど、普段は顔が赤くならないのにたまになるっていう人もいると思います。
この、赤くなる日とならない日の差ってどこにあるんでしょうか?

今回はこの飲酒による赤ら顔の秘密を見ていきたいと思います。

そもそも、なぜお酒を飲むと顔が赤くなるの?

イメージとして、お酒に強い人は顔色が変わらない人が多いように感じます。でも、顔が赤くなる人でもいける口の人もいますよね。ということは…
お酒の強弱と、顔が赤くなる、ならないは必ずしも一致しないのでは?
顔が赤くなるのは、もしかしたら体から発信される何らかのサインなのではないのか?

そもそも、なぜ顔が赤くなるのかというとその原因は「アセトアルデヒド」。
出た!アセトアルデヒド‼よく聞くこの名前…いったいどんな奴なのかと言うと、アルコールを代謝する際に発生する“毒”です。

二日酔いも赤ら顔もこのアセトアルデヒドの仕業なんです。アルコールから分解されたアセトアルデヒドは、血液中で増加し血管を拡張させます。
顔の毛細血管が拡張するため、顔が赤くなるのです。また、もともとアルコールが持っている、血流を良くするという働きも、顔の赤さを促進してしまいます。
さらにアセトアルデヒドには、自律神経である交感神経を強く刺激する作用もあるので、脈拍や血圧の上昇、冷や汗、筋肉の緊張、頭痛や吐き気、眠気、動悸など、いわゆる悪酔いといった症状につながります。

顔が赤くなる人とならない人の差って?

原因がアセトアルデヒドだとわかったところで、顔が赤くなる人とならない人の差を見ていきましょう。
それは…今回もズバッと言ってしまいますが「遺伝子」です。残念ながら遺伝子ですでに決まっているので、現在の体質が変わることは期待できません。
アルコールに対する強さは3つのグループに分けられています。

「活性型」

アセトアルデヒドの分解スピードが速く、お酒に強いタイプで顔が赤くなることもありません

「欠損型」

アセトアルデヒドの分解能力が低く、ほとんど飲めないタイプで、アルコールを少量口にしただけでも、顔が真っ赤になります。アルコールを含ませた脱脂綿を皮膚に付けただけで早い人なら1分程で患部が赤く腫れる人もいますよ。

「部分欠損型」

ある程度は飲めますが、アセトアルデヒド分解能力は活性型の16分の1といわれています。欠損型ほどではないものの、アルコールの摂取により顔が赤くなるなどの反応が出ます。

日本人の約半数は活性型以外といわれています。赤い顔をしながら飲み続けている人も多いと思いますが、おそらくその人は、部分欠損型の可能性が高いです。
ミクロソームエタノール酸化系酵素(MEOS)という異物や薬物の代謝やたんぱく質を合成する役割の酵素が活性化しているのでしょう。

日常的な飲酒や大量飲酒によってこの酵素は活性化するので、アルコールの分解も早め、一時的に飲める量が増えていると思われます。
また、肝臓の大きさ(大きいほど速い)や性別(男性の方が速い)、年齢(中年は速い)などによってもそのあたりは変わってきますが、基本的に日本人はお酒を大量に飲める人種ではないので飲みすぎには注意が必要です。

普段は顔色が変わらないのに、たまに赤くなる原因は?

では、普段はお酒を飲んでも顔色が変わらないのに、たまに顔が赤くなることがあるという人の体はどうなっているのでしょうか?
普段起きないことが起きると、体に何かあったのでは?と心配になるのが40代。

先述の通り、普段顔が赤くならない人は「活性型」の遺伝子を持っています。
その遺伝子を持っている人が、飲酒によって顔が赤くなるというのは体の働きに問題が起こっている証拠です。

そのほとんどが肝機能の低下です。40代と言えば初老。無理をすれば内臓の働きも悪くなります。
特に、肝臓は体の中で一番大きく、ダメージを受けやすい臓器です。その役割も生命維持に大事な役割を果たしていますよ。

アルコールの過剰摂取が続いたり、食生活が乱れたりすると肝臓はずっと活動することになり肝臓の機能はどんどん低下していきます。
そうなってくると、体の中にある有害物質が分解、排出されにくくなるので、血行が滞ってしまいます。この状態が、ドロドロ血液と呼ばれるもので、こうなると顔に血液がまわってこなくなり、赤ら顔になってしまうのです。

ストレスなどでも肝機能は低下するので、普段顔が赤くならない人が赤くなるということは、心や体から疲労の声があがっていると思った方が良いでしょう。

最後に

自分がどんな遺伝子を持っていて、どんな飲み方だと体に負担をかけずに飲めるのかということを考え、休肝日やおつまみにも気をつかいながら楽しく飲んでいきましょう。
また、肝臓は寡黙な臓器なので本当に悪くなってからでないと悲鳴をあげてくれませんから、サインを見逃さず優しくしてあげてください。

※日本ブログ村 いろいろなお酒カテゴリーで1位を目指してます!応援してください。

にほんブログ村 酒ブログ いろいろなお酒へ

にほんブログ村

関連記事

  1. 11月22日はいい夫婦の日。40代夫婦のオトナな過ごし方をご提案

  2. 40代女性のお酒好きダイエット中の方必見!ホームパーティにピッタリおす…

  3. 40代女性におススメ!美容効果も狙って、梅酒を使った料理を作ろう!

  4. 40代女性にぴったりの泡盛をプレゼントしよう!泡盛の美容効果や選ぶとき…

  5. 40代女性すっきり爽快ビールを楽しみたいあなたに。アロマを取り入れては…

  6. お正月の料理や雰囲気にぴったりなビールと日本酒を一挙ご紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP