40代女性のダイエット中や健康を気にしながら飲むお酒

40代女性のお酒好きダイエット中の方必見!梅酒にピッタリおすすめ低カロリー絶品おつまみ

40代女性のお酒好きダイエット中の方必見!梅酒にピッタリおすすめ低カロリー絶品おつまみ

GWが終わるとそろそろ梅仕事が気になり始めます。
瓶に残った去年の梅酒を小さい瓶に移し替え、いつでも梅酒づくりを始められるようにきれいに洗っておきます。

氷砂糖やホワイトリーカーの在庫を調べて、ウィスキーやブランデーでも仕込んでみようかと思案しつつ、まるまるとしたみずみずしい青梅が店頭に並ぶのを見逃さないように、頻繁にお店に通います。
自家製の梅酒を飲めるようになるのはずっと先ですが、徐々に琥珀色に変わっていく梅酒を眺めて待つのも楽しいものです。

市販の梅酒も種類がたくさんあります。
コンビニでも買える量産品から特注の希少品まで、一口に梅酒といっても味わいはさまざま。
お気に入りの1本を探してみるのも面白いです。

梅酒は甘く飲みやすので、スイスイ飲んでしまいますが、アルコール度は高いので飲み過ぎには注意が必要です。
ロック、水割り、ソーダ割、お湯割りといろいろな飲み方が楽しめるうえに料理にも使えます。
浸けた実をおつまみにして飲む梅酒は格別です。

梅酒にピッタリおすすめ低カロリー絶品おつまみレシピ

・塩辛より簡単「即席イカのワタ和え」

1. イカ1杯はワタを破らないように内臓と軟骨を抜き、エンペラをちぎって皮を剥きます。
2. 胴を開いてきれいに洗い、縦半分に切ってから横に7mm幅に切ります。
3. 箸でしごいてワタを出し、醤油少々を加えてイカと和えます。
4. 大葉2枚のせん切りと柚子胡椒を適量添えます。

・包丁不要あっという間の「鱈のぽん酢蒸し」

1. もやし1袋は洗ってひげ根を取り、ざるに上げておきます。
2. 耐熱容器にもやし、生わかめ30g、塩鱈2切れをのせ、ぽん酢大さじ3~4を回しかけ、ふんわりとラップをかけて600wの電子レンジで2分半~3分加熱します。
3. 黒胡椒をたっぷりと挽きかけ、胡麻油小さじ1を回しかけます。
4. 糸唐辛子を天盛りにします。

・梅酒とタコは相性抜群「タコの梅おろし和え」

1. タコの足1本は、水掻きを切り取って熱湯を回しかけ、ぶつ切りにします。
2. 大根100gはすりおろし、軽く水気を切っておきます。
3.  1と2に、梅酒大さじ1と醤油大さじ1、あれば梅酒の梅1個を刻んだものを加えて和えます。
*大根はできれば辛みがあるしっぽの方を使ってください。3の代わりに梅干しを叩いたものでも美味しいです。

・玉ねぎの甘さが引き立つ「丸ごと玉ねぎのスープ蒸し」

1. 玉ねぎは皮を剥き、根と頭を切って鍋に並べます。
2. 固形ブイヨン1個を300mlの湯で溶かしたスープとバター少々、塩一つまみを鍋に注ぎます。
3. 蓋をして中火にかけ、沸騰したら弱火にしてそのままコトコト30~40分煮ます。
4. 竹串がスーッと通ったら火を止め、鍋を手で触れるようになるまで冷まします。
5. スープも一緒に器に盛り、黒胡椒と岩塩を挽きかけ、粒マスタードを添えます。
*玉ねぎは小ぶりの新玉ねぎがおすすめです。鍋は玉ねぎがきっちり収まるサイズで、蓋がピッタリ閉じるものを使ってください。ル・クルーゼやストウブ、ダッチオーブンのような重い鍋があれば完璧です。

・松の実がポイント「豆苗の胡麻ダレ」

1. 豆苗半袋は長さを3等分し、耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけて600wの電子レンジで2分加熱します。
2. 水に放って色止めをし、すぐにざるに上げます。
3. 水気を絞り、ボウルに移します。
4. 濃い目の出汁200mlに梅酒と醤油各20mlを加え、3に注ぎます。
5. 松の実と白炒り胡麻各10gをフライパンで炒ります。飾り用に松の実を数粒残し、残りをミルミキサーですり潰します。
6. 砂糖小さじ1と白ごまペーストを5に加えてよく混ぜます。
7. 4を軽く絞って6で和え、取り分けておいた松の実を飾ります。

梅酒を使った絶品おつまみレシピ

・オイスターソースのコクで梅酒がすすむ「手羽中の旨煮」

1. 手羽中5本に醤油を振ってよく絡めておきます。
2. フライパンを熱し、サラダ油を薄く敷いて手羽中を皮目から焼きます。
3. こんがりと焼けたらひっくり返し、両面とも美味しそうな焼き色をつけます。
4. ぶつ切りにした長ネギ1本分と生姜のせん切り10gを加え、オイスターソース小さじ2を加えて炒めます。
5. 中華スープ130ml、梅酒小さじ2、醤油小さじ2、茹でたけのこ30g、戻して一口大のそぎ切りにした干し椎茸2枚を加えて4~5分煮ます。
6. 水溶き片栗粉でとろみをつけます。

自家製梅酒の作り方

1.しわや傷のない新鮮な青梅1kgをたっぷりの水に放ち、ていねいに洗います。
2.清潔な布巾で一粒ずつ水気を拭きます。
3.梅に傷をつけないように注意して、なり口のヘタを外します。竹串でもいいですが、精密マイナスドライバーが便利です。
4.消毒した保存瓶に氷砂糖、梅を交互に入れて層にし、最後にホワイトリカー1800mlを注ぎます。氷砂糖の分量は好みで400~800gの間で加減します。
5.蓋をして冷暗所に置き、氷砂糖が溶け始めたら、エキスがよく出るようにときどき揺すります。琥珀色になったら飲み始めることができますが、1年ほど熟成させるとより美味しくなります。
6. 6か月経ったら梅を取り出します。梅の実はずっと浸けておくと苦味が出るので、最長でも1年で取り出しましょう。

最後に

梅酒は、カロリーが高いのでダイエットには不向きと考える方が多いですね。
美容や健康にもとっても効果のある梅酒を、1日1杯の贅沢やお食事の隠し味としてご自身の生活にとりいれて見てください。

※日本ブログ村 いろいろなお酒カテゴリーで1位を目指してます!応援してください。
にほんブログ村 酒ブログ いろいろなお酒へ
にほんブログ村

関連記事

  1. ウィスキーを使った料理(レシピ)で、カッコいい大人の男性の心を掴もう!…

  2. 40代女性のダイエットを意識しながらもいろんな種類のお酒 梅酒を楽しも…

  3. 40代女性はダイエットや健康を気にしながらビールを飲もう!おすすめビー…

  4. 40代主婦の味方!ビールにピッタリおすすめ低カロリー絶品おつまみ

  5. 40代女性もっと優雅にワインを楽しみたいあなたに。アロマを取り入れては…

  6. お酒と「下痢」の関係性は?40代だからこそ気を付けたいお腹事情

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP