40代女性のダイエット中や健康を気にしながら飲むお酒

40代女性も気になる妊活・妊娠のお酒事情とは?

40代女性も気になる妊活・妊娠のお酒事情とは?

女性のターニングポイントの一つといえば、「妊娠・出産」を挙げる方も多いですよね。
さらに最近では、「妊活」も広がっています。読者の方の中にも、妊活に取り組んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし妊活・妊娠中ともに、お酒好きな女性にとっては色々と悩まく感じてしまうものです。
今回、妊活・妊娠中のお酒の付き合い方や、対処法などについて考えてみました。

40代女性も気になる最近の妊娠や妊活の現状とは?

まずは妊娠や妊活の現状を見ていこうと思います。

初産の平均年齢は30.6

2014年に厚生労働省が発表している統計では、初産の平均年齢は30.6歳となっています。また、第2子は32.4歳、第3子は33.4歳です。ちなみに30歳を突破したのは2011年からだそうです。

この要因として、下記の理由があると考えられます。
【女性の社会進出】
近年、女性の大学進学率も上がり、社会人として重責を担うようになってきました。仕事に打ち込むことで縁を逃してしまい、婚期が遅れ、必然的に初産の年齢も上がってしまったことが考えられます。

【終身雇用制度の減少など金銭的な不安】
昔のように終身雇用制度の職場は減り、安定した収入を得ることができなくなりました。今の収入では、子どもを持てないと考える家庭も多いようです。子どもを産む費用は、昔に比べると大変安くなりました。しかし、教育費が高額なので、なかなか決心できない声も聞かれます。

【育児への不安】
昔は三世代で生活し、育児のサポートもあったのですが、今は核家族化が増加しています。また仕事をしながら家事、育児をこなすことが出来るのかと悩む女性も多いようです。

妊活を始めた平均年齢は28歳がピーク

妊活について、国のデータは残念ながらありません。今回は、ルナルナを提供するエムティーアイを参考にしてみました。

2017年12月25日~28日に実施しており、8382名が回答しています。このアンケートの結果、妊活を始めたピークは28歳ということが分かりました。また、28歳前後3歳に人数が集中しています。

主な活動として、基礎体温を測るのが最も多く71.4%、他にも妊娠への基礎知識や情報収集が70.3%という内容でした。

先ほど述べましたが、初産の平均は30.6歳です。妊活を始める年齢の方が早いのですが、結婚前に妊娠についての基礎知識や情報収集を行う方は、結婚後の妊娠に向けた環境を整えているのではないかと思われます。もちろん、結婚を気に妊活する人も多く、それだけ多くの女性が妊娠について真剣に考えているのではないでしょうか。

妊活中のお酒のリスクとは?

実際に妊娠したらお酒は辞めた方が良いと考える方が多数ですが、妊活中となると考えはそれぞれのようです。

「まだ赤ちゃんは出来ていないし、たくさん飲む訳ではないから、そこまで気にしなくていいんじゃないか?」と考える方。
逆に、「赤ちゃんを産みたいならリスクは少しでも排除すべき」とキッパリお酒をやめる方もいます。

ただ体外受精の場合、治療の結果にマイナスの影響を及ぼすとする研究結果があるとのこと。
それとアルコールを制限することで、月経困難症の緩和ができる事が分かっています。月経困難症を改善することで、妊活にも良い影響を与えてくれるので、やはり出来れば、お酒を控える方が良いのかもしれません。

妊娠中のお酒のリスクとは?

自然に受精して妊娠した場合、体内にアルコールが蓄積されたせいで妊娠できないリスクは低いとされているようです。
しかし妊娠発覚後はお酒との付き合いを考えなくてはならないです。基本的に母親が摂取したものは、赤ちゃんも同時に摂取すると考えなくてはなりません。母親がお酒を飲む=赤ちゃんも飲んでいるということになります。

妊娠初期は胎児器官形成期といわれ、顔の形や手足が出来ていきます。
妊娠中期から後期にかけては脳の発達が大きくなります。

お酒を日常的に飲んでいると、顔や手などはもちろん、臓器の奇形、また脳などの中枢神経障害にも異常が出る可能性があります。「赤ちゃんが元気に産まれますように!」と願掛けして、スパッと辞めてみてはどうでしょうか?

ノンアルコールにチャレンジしよう

しかし、お酒が大好きな方にとっては辞めるのは大きな決断になります。ストレスもたまってしまうかもしれませんよね。妊活・妊娠中、ともにストレスは大敵です。

そこでノンアルコールにチャレンジしてみませんか?まだ見ぬお子さんを母乳で育てるつもりならば、今のうちからノンアルコールに慣れておいて損は無いかと思います。

妊活中、妊娠中の方へオススメのノンアルコール6選【外さない・鉄板の商品】

妊活中、妊娠中の方へオススメのノンアルコール商品をご紹介!

各商品の詳細は、写真をクリックしてください。

●AMOMA たんぽぽコーヒー 2.5g×30ティーバッグ無農薬・国内焙煎ノンカフェインコーヒー

コーヒーはお酒と同じく、愛飲している人にとっては、我慢するのが大変なものです。カフェインは取り過ぎると、妊婦さんにはあまり良くありません。コーヒーをしょっちゅう飲む方は、ぜひノンカフェインのたんぽぽコーヒーをお試ください。
たんぽぽコーヒーに、下記で紹介しているモナンカシスシロップを少し垂らして、ノンアルコールカシスコーヒーカクテル!

梅シロップ 「梅の初恋」 720ml

梅どころの和歌山の梅をたっぷり使って作られた梅シロップ。梅酒がわりにいかがでしょう?暑い今の季節にもピッタリです。
梅シロップに、トニックを入れてワイングラスで飲むと、ちょっぴり辛口の梅酒感覚を味わえます。

有機コーディアル エルダーフラワー 500ml

イギリスで有機栽培されたエルダーフラワーの花から作られたノンアルコールハーブドリンクです。希釈タイプなので、毎日の1杯としてもコスパ抜群です。

紀州フルーツ甘酒 6本セット(米糀 使用、ノンアルコール)

健康効果たっぷりの甘酒はいかがでしょう?プレーン・生姜・柚子・梅・白桃・温州みかんのセットですから、飽きずに頂けます。

モナン カシス・シロップ/250ml TOMIZ/cuoca(富澤商店) シロップ・みつ モナンシロップ

飲食店やバーでも使用されているシロップ。カシスだけでなく、パッションフルーツ・ブルーキュラソウ・ローズなど、ラインナップが豊富です。きっと、あなた好みの1本が見つかると思います。
カシスシロップにノンアルコールシャンパンで、ノンアルコールキールロワイヤル!

レ・ドメーヌ・ピエール・シャヴァンピエール・ゼロ・ブラン・ド・ブラン

フランス産のノンアルコールスパークリングワイン。ワインからアルコールを除去する製法で作られており、本格的な味わいです。デザートにも合いますよ。

読者の中で「毎日のお供、ビールが無い!」と思っている方はいませんか?ビールは前回アップした、「40代女性にピッタリのノンアルコール飲料をプレゼント!ハイクオリティで人気の高いおすすめなノンアル飲料ギフト!」にて紹介していますので、ぜひご覧ください。

最後に

お酒との付き合い方、今から考えてみませんか?

お酒が大好きな方にとって、節制することはとても大変かと思います。辛さ、とっても分かります!
しかし、妊娠は一つのリスクが大きな障害に繋がることもあります。もちろん、お酒を含め、全く気にせず元気な赤ちゃんを生む人も大勢います。実際の所、この量なら大丈夫という明確な量が解明されていないのが現状の様です。

「元気な我が子に会いたい!」
これは多くのママさんが思っていることだと思います。赤ちゃんはお腹の中で誰かに何かを教えてもらうわけでもなく、頑張って大きくなるものです。その想いに答えて、アルコールをお休みして、ノンアル生活始めてみてはいかがでしょうか?

※日本ブログ村 いろいろなお酒カテゴリーで1位を目指してます!応援してください。
にほんブログ村 酒ブログ いろいろなお酒へ
にほんブログ村

関連記事

  1. オシャレにセレブ風ホームパーティ!ビールを使った料理レシピ

  2. 40代なら知っておきたい飲酒の適量!自分の適量知ってますか?

  3. 40代のクリスマスは自宅がおすすめ!皆で過ごすパーティーでも、お酒だけ…

  4. マンネリになりがちな敬老の日のプレゼント。今年は美味しいお酒やお菓子に…

  5. お正月の料理や雰囲気にぴったりなビールと日本酒を一挙ご紹介!

  6. ワインベースのカクテルでワンランク上の女子会を目指そう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP