ブログ

おすすめ作品 Secret rose garden 番外編 いつまでも共に 第37話

数十年後。

 たくさんのバラに囲まれた大きな家に、一人のおばあさんが住んでいた。彼女の名前はエマ。このバラは、ともに歩んできた愛しい夫、ルイが大切に育ててきたバラたちだ。

 数年前にルイが亡くなってしまったあとも、エマは毎日かかすことなく、大切にバラの花たちを世話していた。

 エマがいつものようにバラに水をやり、家へと戻ると、中庭に続くドアが突然ノックされた。

「どなた?」

 中庭にも、ルイが手入れをしていたたくさんのバラたちが咲いている。だが、中庭の先は川になっているため、客人がこちらからくることはない。エマが不思議に思いつつもノックに返事を返してドアを開けるが、そこには誰もいなかった。

——いつも、ありがとう

 気のせいかとドアを閉めようとした瞬間、エマの耳にかすかな声が届いた。それはとても小さな声だったが、なぜかはっきりと聞こえていて、エマは首を傾げながらも中庭へと出た。

「誰かいるの……?」

 声をかけながら、エマは中庭を進んでいく。中庭は、バラ園のように人が歩く道の脇に沿うようにバラが咲いていた。色とりどりのバラがルイの手によって、種類別に分けられて植えられている。その道を進みながらあたりを見渡すが、バラ以外何も見当たらない。

「気のせい?」

 頬に手を当てて、それでも立ち止まらずに進んでいくと、赤いバラが五本、並んで咲いている場所を見つけた。水滴のついているバラは、先ほどエマが水やりをしたときもあったことを物語っているが、エマにはこのバラに見覚えがない。

「こんなバラ、あったかしら……。あら?」

 そのバラの前に、小さな封筒が置いてあった。エマは封筒をそっと持ち上げると、中庭に置いてあるベンチに腰掛け、それを開いた。

『エマへ』

 愛しい夫、ルイの文字で書かれた自分の名前。エマは反射的に溢れてきた涙を手のひらで拭って、続きに視線を落とす。

 手紙には、エマとルイしか知らないようなことがたくさん書いてあった。二人の思い出と、エマへの想いが綴られた手紙を、エマは何度も、何度も読み返す。溢れる涙を拭うのも忘れて、エマは手紙を優しく、愛おしそうに抱きしめた。

「私も、愛しているわ」

 青々と澄み渡る空を見上げて、頬を伝う涙はそのままにエマは微笑む。空を飛んでいた白い鳥が、エマに応えるように、嬉しそうに一言鳴き声をあげて通り過ぎていったのだった。

関連記事

  1. おすすめ作品 Secret rose garden 縁 第3話

  2. おすすめ作品 Secret rose garden 繋がる 第35話

  3. おすすめ作品 Secret rose garden 一筋の光 第14話…

  4. おすすめ作品 Secret rose garden テラス・デュフラン…

  5. おすすめ作品 Secret rose garden 繋がる 第34話

  6. おすすめ作品 Secret rose garden 小さな軌跡を探す旅…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP