ブログ

おすすめ作品 Secret rose garden 再開 第25話

とっぷりと日も暮れて、街灯なしでは歩けなくなった頃。テラス・デュフランをあとにしたエマは、今日宿泊する宿を探していた。ケベック・シティ旧市街が観光地だったこともあり、幸いにも宿泊施設は充実していて、すぐに見つけることができた。
当日、しかも夜間での訪問だったので少し割高になってしまったが、無事に宿が見つかったことで安心したエマは、肩に入っていた力を抜くようにぐるりと回した。

「すみません」
「なんだい?」

部屋の鍵を受け取りながら、エマは受付の女性に声をかけた。女性は不思議そうにかけていたメガネを押し上げる。

「家族のお墓を探しているのですが、この旧市街にお墓ってどれくらいあるかわかりますか?」
「旧市街は小さいからねぇ。たしか三つくらいだったと思うけど……」

ケベック・シティ旧市街の観光マップを取り出した女性は、そこに赤い丸印を書き込んでいく。記憶を頼りにつけたから間違っているかもしれないと断った上で、エマにそのマップを渡してくれた。

「ありがとうございます」
「早く見つかるといいね」
「……っはい!」

嬉しそうに笑ったエマに、女性は先ほど聞いた理由から、思ったことをただ口にした。女性からすれば挨拶程度の軽い言葉で、深い意味はなかった。しかし、今までずっと探し続けてきたエマにとって、その言葉は何より嬉しい応援の言葉だった。

「このくらいなら、歩いて全部回れそう」

部屋に入ったエマは、予期せぬ応援で溢れそうになった涙を誤魔化すように、ベッドの上でもらったマップを広げていた。印がつけられたところを指で辿りながら、明日歩く予定の道を確認していく。

受付の女性の言った通り、ケベック・シティ旧市街は本当に小さな街のようで、明日一日で教えてもらった場所はすぐに回れそうだ。エマはマップに大まかに回る順路を書き込んでから、明日を想い、静かにマップを閉じた。

次の日、目覚めたエマは近くのお店で軽く朝食を取ると、荷物を背負い立ち上がった。朝日が顔を出したくらいの早い時間だったが、その時間のおかげで人が少なく、早朝の涼しい空気がとても気持ちいい。エマは昨日、夕日を見たテラス・デュフランにまず向かうと、朝日に照らされる街並みと、セント・ローレンス川を見下ろした。

キラキラと輝く水面を横切る船や、水面すれすれを飛ぶ鳥。街に住む人たちの一日も始まったのか、ちらほらと洗濯物を干す女性がベランダに顔を出している姿が見える。玄関から出ていく男性や、子供たち。元気に道を走り抜ける子供を視界に入れてから、エマは柵に触れていた手を離す。

日が暮れて満足に見ることができなかったこの景色を目に焼き付けたエマは、バックパックを背負い直して、手に持っていた観光マップに視線を落とした。宿でつけておいた道順を頼りに、一つ目の墓地へと足を進める。

「……見つかるといいな」

テラス・デュフランを歩くエマを追い越すように吹き抜けた風に、彼女のつぶやきは優しくさらわれていった。
ケベック・シティ旧市街は、セント・ローレンス川の岸から小高い丘の上までの範囲にある。そのため平坦な道は少なく、登りか下りの道ばかりだ。徐々に体力を削られ、額にうっすらと汗が浮かぶ。
石畳の登り坂をしばらく歩き続け、ようやく一つ目の墓地に辿り着いた。

いつものように入り口で手を合わせてから中に入る。青々とした草は短く切りそろえられ、草の間に墓石が一定感覚で並んでいた。
一つ一つゆっくりと確認していくが、カミーユの文字は見つからない。思わず出そうになってしまった息を飲み込んで、エマは自分の頬を軽く叩いた。

「次、行こう」

気持ちを切り替えるように声を出して、出口で小さく頭を下げて墓地をあとにした。行きが登りだったからか、もう一つの墓地に向かう道は緩やかな下りだった。この途中に一つの墓地があり、下りきったところに最後の墓地がある。
石畳の細い道の両脇には、たくさんの店や家が立ち並んでいる。狭い道の両脇に壁のように家や店があるために空はとても小さい。それでも窮屈に感じないのは、家の間を通り抜ける風で自然を身近に感じられることと、一本道の先にセント・ローレンス川が顔を出しているからだろう。

途中、昼食用にとパンを購入し、食べながら公園でこの街の絵を描いたりした。少し寄り道したりしつつも足を進めると、前回の墓地を出てから一時間半くらいで二つ目の目的地に到着した。

おすすめ作品 Secret rose garden 再開 第26話

関連記事

  1. おすすめ作品 Secret rose garden 再開 第28話

  2. おすすめ作品 Secret rose garden 少女の軌跡 第1話…

  3. おすすめ作品 Secret rose garden 縁 第4話

  4. おすすめ作品 Secret rose garden 番外編 いつまでも…

  5. おすすめ作品 Secret rose garden 繋がる 第34話

  6. おすすめ作品 Secret rose garden とても幸福の時 第…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP