ブログ

生理前の食欲が酷い方の改善方法について

私も若いころは特に、この症状がありました。
何故なのか生理前になると異常な食欲に襲われて食欲が止まらないと思っている女性が多くないですか?

これには実は原因があるんです。
2種類ある女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの分泌量が生理前に増えるんです。
そして、そのホルモンの働きによって栄養分を体に蓄積しようとするからであって、この時期は特に太りやすい時期でもあります。

そのため、生理前になると食欲が止まらなくなる症状は、妊娠を軸に生理のリズムが変化するため起こる現象なので、多少体重が増えてしまうのは当たり前だという事です。
分かっていても食べ過ぎによる体重の増加は抑えたいところだと思いますので、生理前の止まらない食欲を改善するための4つの方法を紹介していこうと思います。

改善方法の一つ目は食事を抜かない事!
食欲が増すと体型維持のためにまず食事を抜く事を考えがちですが、食事を抜くと一時的には摂取カロリーは抑えられますが、次回の食事で血糖値を急上昇させる原因となります。
また、ストレスが溜まって体に様々な悪影響を与えますので、食事を抜く事は考えず、まずは食欲をコントロールする事をきちんと考えましょう。

二つ目の改善方法は間食を辞めて、食事の回数自体を増やしましょう。
やはり間食ではつい、チョコレートや甘いもの等の高カロリー食品を食べてしまうという女性も多いと思いますが、食事の回数を増やしてできるだけ空腹状態を作らないようにする事ですね!食事と言っても、イメージとしては軽食でサラダ(ドレッシングはポン酢など)やヨーグルト(無糖)等で工夫してみるといいと思います。

食事の回数を増やしても量を減らせば摂取カロリーも抑える事ができますので、よく噛んで食べるように心がける事で満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐ努力を!
また、噛み応えのある食品を意識して選ぶ事も生理前の食欲を抑えるポイントの一つですので覚えておきましょうね。
※念のため書きますが、毎回満腹まで食べ、その食べる回数までも増やしたら、100%太りますので食べればいいというわけではないので、意味を履き違えないよう、お願いしますね!

三つ目の改善方法は血糖値をコントロールする事です。
プロゲステロンが増加するのに伴って血糖値も低下してしまうので、食べ過ぎてしまうと血糖値の急上昇を招くことになり、また急降下してしまう事で食欲が上がってしまいます。
ですので、血糖値の上昇を緩やかにする作用を持つ食物繊維を多く含む野菜をまず最初に食べるようにしたり、血糖値が急上昇する白砂糖が使われた食品は控える事をオススメします。

最後にご紹介したいのは、四つ目の方法です。
それは、アロマです。

特にキンモクセイの香りは摂食中枢に作用するという研究結果が報告されていますので、こういったアロマの香りの力を利用する事も食欲の抑制には効果的だという事ですし、また他にも食欲抑制に加えてストレスの緩和作用なども望める柑橘系の香りも効果的のようです。

こういった4つの改善方法に取り組めば生理前の止まらない食欲を抑えるのに役立つのではないかと思います。

また、私が若いころにこのような情報を知らない中で実践していた事は、まあまあ的を得ていたように思いますのでご紹介したいと思います。

生理前には、必ずお弁当とは別に学校に持参していたもの。
・納豆3パック
・きゅうり酢の物
・ヨーグルト
・ヤクルトの様な、乳酸菌の小さなドリンク

休憩時間毎に、必ず何かを教室の片隅で食べてました。もちろん、納豆は教室に悪臭を残しますので非難されてましたけど。笑
極端に言えば、この状態ですので参考にしていただいたらいいのかと思います。

ちなみに、最近の私の対策は、甘酒をおちょこ一杯飲む事です♪

関連記事

  1. 紫外線が差し込むと肌の奥に入り込みシミやそばかすが出来やすくなる!

  2. アトピーの痒みとの戦い方の一つは油ものを控える?

  3. オメガ3が中性脂肪分解に効く5つの理由を徹底調査!効率良く摂取しよう

  4. 目も老化防止必須!50歳を過ぎたらルテインを摂取する事をおススメします…

  5. エクササイズすることで徐々にたるみが解消!美肌を作ろう!

  6. 肌トラブルがある人はコットンではなく手で化粧水をつけよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP